キャンドゥーロゴ(太).jpg
キャンドゥー株式会社
Training & Development

Home > 参加者の皆様へ > イントロダクション

弊社のプログラムに参加する際に留意いただきたい事柄をご紹介いたします。

●行動学習について
図2.jpg

◇ はじまりは、軍隊のリーダーシップトレーニング
◇ ジョン アデア氏の功績は、リーダーシップは先天的なものではなく後天的に見に付けることができるものとして、これまでの常識を覆した
◇ リーダーシップは、誰しもが訓練と経験から身に付けることができる技術

●学習の進め方

図3.jpg

◇ Learning by Doing ~実践と経験から学ぶ~
 - 机上ではなく、実践活動(アクティビティ)を通して学習する
 - 座学(受動)から行動を伴った実践型(自発)へ
 - 頭(思考)と身体(五感)をフルに活用し、気付きを得る

 Tell me, I will forget. ~ 聞いても忘れてしまう ~

 Show me, I will understand. ~ 見たら理解できる ~

 Involve me, I will remember! ~ 一緒にやったら忘れない! ~

◇ キャンドゥーはファシリテーター (講師ではありません)
 - Can Do は 「講師」 や 「先生」 ではなく、ファシリテーター (学習援護者) という立場から皆さんの学習をサポートをします。
 - 具体的には、
  ① 皆さん自身が良質な気付きを得る 『場』 を創出
  ② 活動や振り返りの場面などで皆さんを支援
  皆さんが自ら 「学び」 を得られるようサポートします。
 - 主体はあくまでも皆さまです。
  皆さんがやってみて気付いたことを大切にし、学習を進めます(≒自主学習)

◇ 安全第一 ~ Challenge by Choice ~
 - 無理はせず、またさせず、自分や仲間の安全に常に留意しましょう。
 - 挑戦するかどうかは自分自身で決定する
  どうしても自分に無理だと思う場合はファシリテーターに申告してください。
  但し、自分の枠を越えて挑戦することは、自分の成長を促すことは間違いありません。
  積極的に挑戦してみましょう。

●振り返りについて
◇ 振り返りとは? …技術的もしくは方法論を話し合う場ではありません!
 - 行動学習におけるチーム活動は、あくまでも気付きや学びを得るための手段です。
 - 参加される皆さんにこれらの活動のスペシャリストになって頂きたい訳ではなく、活動を通じて自分の行動様式や行動特性(強み・弱み)を再認識すると共に、ビジネスに大切な概念や要素などの気付きや学びを深めてもらうことが最大の目的です。

◇ 何を振り返るのか?
 活動を進め、結果が出た中で…
 - 自分の行動はどうだったか?
 - 仲間の行動はどうだったか?
 - チームの仕事の進め方はどうだったか?
図4.jpg

●リーダーシップについて

弊社のリーダーシッププログラムはジョン・アデア氏のリーダーシップ論をベースにしております。
▶ ジョン・アデア リーダーシップ

一部のプログラムでは事前課題として以下の課題図書を推奨しております。
もしご興味がありましたら一読いただければ幸いです。
▶ 英国超一級リーダーシップの教科書
▶ honto ネットストア

楽しみながら自分にとっての挑戦をし、学びを深めていきましょう!

ページトップへ